職場恋愛最高!社内で全く接点のない男性と親しくなるテクニック3つ

社内で片思いの男性が出来た場合、同じ部署であったり、同期であれば会話のきっかけも掴めますが、年齢も違うし部署も違うのではアプローチの仕方に困りますよね。
ゼロの状態から親密になるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

挨拶プラス一言を

 

恋愛のアプローチ法としての基本は、挨拶をすることというのは誰もが分かることです。
この挨拶を少し変化させて、あなたなりの一言を付け加えられるようにしましょう。

 

「おはようございます」と言ったあと、「今日は電車が遅れてたけど、大丈夫でしたか?」というように、普通でしかも彼には特別の一言をプラスしましょう。

 

「おはようございます・・あれ、今って’こんにちは’って言うべき時間ですか?」など、ボケてみるのも良いでしょう。

 

突然話題を振る

 

挨拶に慣れたら、急に話しかけてみます。
「○○さん、スゴイ忙しそうですね!」という具合に、突然ピンポイントで話しかけましょう。
彼が「どうして俺に話しかけてきたのかな・・?」と不思議に思ってくれれば成功です。

 

共通の世界を作る

 

仲が良い訳でもないのに共通の世界なんて作れないと思うかも知れません。
しかし、彼の動作を観察していれば、何かしら突っ込みどころが見えてくるはずです。

 

「そのサンドイッチ美味しそうですね、どこのコンビニのですか?」と訊いてみれば良いだけです。
翌日同じサンドイッチを買って、「やっぱりジューシーです!」と美味しそうに食べてみると良いでしょう。

 

他の人が聞いても前日からの流れがピンとこないので、二人っきりのアンテナで話すことが可能です。

 

おわりに

 

全く関係のない男性と親密になるには、小さな接点の繰り返しが大切です。
とにかく声をかけて、彼にあなたの顔と声を覚えて貰いましょう。